2004年 11月 12日
リグ設定(犬編) その6
a0033035_23291548.jpg
Low-Polyモデルを小さなパーツに切り分けて、それぞれ適したジョイントにペアレントした後、IKやFKのコントローラーを付け加える作業をしています。

基本的に男の子のリグと似ていますが、背骨や尻尾、そして耳などの動きは単純にFK(ジョイントの回転)だけでモーション付けした方が楽な場合が多いので、背骨は一応スプラインIKを設定してありますが必要に応じてFKも使えるようにFK用のコントローラーも後で付け加える予定です。

尻尾と耳の方は、右図の耳の後ろ側にあるような数珠つなぎになっているFKコントローラーを回転させることによってモーション付けが出来るように設定しています。

今やっている胴体部分のリグ設定が終わったら、次は犬の表情をコントロールするGUIを作ろうと思っています。
[PR]
by cgtak | 2004-11-12 23:51 | リグ設定(犬編)


<< ブログのカテゴリ      リグ設定(犬編) その5 >>