2004年 12月 09日
Furの直しなど、諸々
a0033035_19362147.jpgテスト・モーションは一応完成させたのですが、リグを動かしてみると、やはり不具合が色々出てきた。

まずはFurを生成しているNurbsモデルの変形具合がHi-Resモデルのそれと一致していないところが多々あったので、スキン・ウェイトを修正してモデル同士の変形具合が近くなるように調整した。

それから頬を揺らすJiggle・Deformerのウェイト値がまだ高すぎたようで、走るモーションのような激しい動きの場合、頬がめくれ上がってモデルの顔の部分が壊れてしまい、これはDeformerのウェイト値をこれから修正しなくてはいけなくなった。

Jiggle・Deformerをかけている頬周りのLatticeは結構密度が高いので、このウェイト調整はちょっと面倒。(泣)

そして3つ目は、これは自分のせいとは言い切れないと思うのですが、キャラクターをシーンにリファレンスしたときに、新たにPrefixが付いてノードの名前が変わってしまうためFur関連の参照ファイル名がマッチしなくなって読み込めなくなっているみたい。  

これらのFur参照ファイルはFurの色やBoldness(ひとつのメッシュにおけるFurの有無)などを決めるファイルなので、うまく読み込めないとFurが真っ黒になっていたり、Furが生えて欲しくない部分に生えていたりなど見栄えに対する影響が大きいため、これもちゃんと直さないといけないみたい。

あ~、やっと終わったと思ったのに、まだまだ面倒くさい検証をたくさんしなければいけないな。  モーション楽しみにしてくれていた人、すみませんが掲載までもう少し時間をくださいね。

[PR]
by cgtak | 2004-12-09 19:48 | リグ設定(犬編)


<< 犬のテスト・モーション (仮レ...      犬のテストモーション (アニメ... >>